French Restaurant Eau et sel オー・エ・セル

アートギャラリーのような空間で 繰り広げられるのは、アーティスティックなお料理の数々。お料理は、日本人特有の季節感を大切に 四季の変化を食材と、色で表現します。料理の技法はフランス料理の伝統に即して、 シェフの日本人らしい繊細な感性が加えられています。お客様が、シェフのお料理に対する愛情とおもてなしのこころを感じてもらえたらうれしいです。


フランスの食の祭典「アペリティフ365 in 岐阜2017」


6月17日(土)にOKBふれあい会館アトリウムで開催します。

サラマンカホールでは ジャコバン国際ピアノ音楽祭が同日開催。

南フランスをテーマに、お料理、デセール、ワイン、チーズなどフランスの食文化を
ご提供いたします。コンサートの始まる前や合間の時間に軽い食事とワイン、デセールと紅茶など、食と音楽が重なり合う期待と余韻のつまった

「アペリティフ」をどうぞお楽しみください。

>>>詳細はこちら 



織田信公岐阜入城/岐阜命名450年記念協賛事業

450年の時を経て、信長公が残してくれた岐阜で、ポルトガルのワインや料理を楽しむ夕べ

開催日/ 2017年7月14日   17:00~20:00
会 場/ 長良川うかいミュージアム 「四阿」 

岐阜市長良51番地2
参加費/ 4000円 (内訳:ポルトガル料理ボック、飲み物1杯、岐阜バス1日乗車券)

 

<内容>

時、「450年前と今」、人、「織田信長とルイスフロイス」場所、「岐阜とポルトガル」をキーワードで組み合わされたイベントです。    
岐阜市散策したのち、鵜飼ミュージアムの四阿で、ポルトガルの魅力やポルトガルの食文化についてのお話を聞き知識を深め、その後ポルトガルのお料理やワインなどの食文化を体感する。

詳細・お申込み>>詳細はこちら>>